読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

命の代価を感じていますか

証し

【命】 宮越由貴奈(小学4年生)

 

命はとても大切だ

人間が生きるための電池みたいだ

でも電池はいつか切れる

命もいつかはなくなる

電池はすぐにとりかえられるけど

命はそう簡単にはとりかえられない

何年も何年も

月日がたってやっと

神様から与えられるものだ

命がないと人間は生きられない

でも

「命なんかいらない。」

と言って

命をむだにする人もいる

まだたくさんの命がつかえるのに

そんな人を見ると悲しくなる

命は休むことなく働いているのに

だから 私は命が疲れたと言うまで

せいいっぱい生きよう

 

サイト「Love in Christ」から引用

http://blue.ap.teacup.com/hamiel/1879.html

  この詩を読むと、病棟にいる子供たちの澄んだ目が脳裏に浮かぶ。

真っ直ぐこちらを見つめる目。

全てを感受、そして甘受している、透き通った、深い、深い目。

 私達は彼らほど命の代価を感じて生きているだろうか。

 

『命の代価』http://eastwindow18.hatenadiary.com/entry/2013/06/25/053453