an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

心に刻まれたイタリア語の讃美歌(1)

 ある姉妹と讃美歌について意見交換していて、自分の信仰者としての歩みの中で心に刻まれている讃美歌の一曲を思い出したので、読者の方々と共有したいと思う。

 オリジナルは英語で「O Perfect Love」、日本語だと「賛美歌428番 全き愛」で、通常、結婚式のときに歌われるようであるが、イタリア語の歌詞の内容はどちらかというと「信仰と愛による伝道献身」を表現している。

 残念ながら、イタリア語の讃美歌を録音したビデオは見つけられなかった。

以下、イタリア語歌詞を和訳してみた。

"VIENI", Ml DISSE/(主は)私に「来なさい」と言われた

 

1."Vieni", mi disse

Un giorno il Redentore,

"Segui il sentiero che t'additerò";

Ed io, col cuore,

Fervido d'amore,

Te, mio Signor, ovunque seguirò!

 

「来なさい」、

ある日、贖い主は私に言われた。

「私が示す道をついてきなさい」と。

私は愛に燃え、心から(言った)、

「わが主よ、どこへでもあなたに従ってまいります」。

 

2.

Ti seguirò,

Signor, fra quei che pace

In cor non hanno, e parlerò di Te;

E a lor dinanzi

Splenderà la face

Della Tua grazia, della Tua mercè.

 

あなたに従ってまいります、主よ、

心に平安のない人々のところへ行き、

あなたのことを話します。

彼らの前で、あなたの恵みと憐みが私の顔に輝くでしょう。

 

3.

Ti seguirò

Là dove il male impera

Fra i derelitti figli del dolor;

Fra quei che ancor

Non sanno la preghiera

A Te levar dall'indurito cor.

 

あなたに従ってまいります。

悪が支配し、

見捨てられた苦しみの子たちのところへ。

硬くなった心からあなたに捧げる祈りを

いまだ知らぬ人々のもとへ。

 

4.

E quando alfine

La mia stanca argilla

Nel muto avello si dissolverà,

Nei cieli eterni

L'alma mia tranquilla

Sull'ali d'or, Gesù, ti seguirà.

 

そして最後に

私の疲れた粘土は、

無言の墓の中で朽ち果てるでしょう。

そして永久の天において

私の安らかな魂は

黄金の翼の上で、イエス様、あなたに従うでしょう。

 

またきあい(全き愛) 結婚式の讃美歌

 


O Perfect Love