読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

万人救済の福音の検証(5)マタイ25章

万人救済の福音の検証

マタイ25:31-46

31 人の子が栄光の中にすべての御使たちを従えて来るとき、彼はその栄光の座につくであろう。 

32 そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼が羊とやぎとを分けるように、彼らをより分け、 

33 羊を右に、やぎを左におくであろう。 

34 そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。 

35 あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、 

36 裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに尋ねてくれたからである』。 

37 そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませましたか。 

38 いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。 

39 また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。 

40 すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。 

41 それから、左にいる人々にも言うであろう、『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、悪魔とその使たちとのために用意されている永遠の火にはいってしまえ。 

42 あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせず、かわいていたときに飲ませず、 

43  旅人であったときに宿を貸さず、裸であったときに着せず、また病気のときや、獄にいたときに、わたしを尋ねてくれなかったからである』。 

44 そのとき、彼らもまた答えて言うであろう、『主よ、いつ、あなたが空腹であり、かわいておられ、旅人であり、裸であり、病気であり、獄におられたのを見て、わたしたちはお世話をしませんでしたか』。 

45 そのとき、彼は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。これらの最も小さい者のひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである』。 

46 そして彼らは永遠の刑罰を受け、正しい者は永遠の生命に入るであろう」。  

 同じ二十五章の前半は二つの喩え話、『十人の乙女の喩え』(1-13)と『タラントの喩え』(14-30)で構成されているが、冒頭で引用した後半部は、キリストが千年王国を地上に実現するために、御使いと共にエルサレムに来臨する時(ゼカリヤ14:4,5)のことを啓示している預言である。預言だからこそ、不法を働き永遠の刑罰を受ける者と永遠の生命を受ける正しい者との選別は、シンボルではなく実際に起こることとして啓示されている。

 近い将来、現実に起こることを預言しているがゆえに、二十五章全体を通して、主イエス・キリストの警告は徐々に緊張を増し、最後の四十六節で「永遠の裁き」に至り、頂点に達している。

13  だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。 

29  おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。 

30  この役に立たない僕を外の暗い所に追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。

32 そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼が羊とやぎとを分けるように、彼らをより分け、 

33 羊を右に、やぎを左におくであろう。

34 そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。 

41 それから、左にいる人々にも言うであろう、『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、悪魔とその使たちとのために用意されている永遠の火にはいってしまえ。 

46  そして彼らは永遠の刑罰を受け、正しい者は永遠の生命に入るであろう」。 

  特に注目すべきは、人の子イエス・キリストの分別基準である。信者と未信者という「大まか」な規準ではなく、キリストにおける兄弟と言われる信者たちの間で、実際にキリストにある兄弟の最も小さい者のひとりに対して行動をとったか否か、という非常に実践的で、シビアな規準である。『万人救済』というゆるさは、この聖書の啓示において見出すことはできない。

 使徒パウロも彼のテサロニケへの手紙の中で同じ内容を語っている。

Ⅱテサロニケ1:6-10

6 すなわち、あなたがたを悩ます者には患難をもって報い、悩まされているあなたがたには、わたしたちと共に、休息をもって報いて下さるのが、神にとって正しいことだからである。 

7 それは、主イエスが炎の中で力ある天使たちを率いて天から現れる時に実現する。 

8 その時、主は神を認めない者たちや、わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者たちに報復し、 

9 そして、彼らは主のみ顔とその力の栄光から退けられて、永遠の滅びに至る刑罰を受けるであろう。 

10 その日に、イエスは下ってこられ、聖徒たちの中であがめられ、すべて信じる者たちの間で驚嘆されるであろう――わたしたちのこのあかしは、あなたがたによって信じられているのである。 

預言者イザヤは、紀元前約七百年前にも同じような警告を受けている。

イザヤ28:14-18

14 それゆえ、エルサレムにあるこの民を治めるあざける人々よ、主の言葉を聞け。 

15 あなたがたは言った、「われわれは死と契約をなし、陰府と協定を結んだ。みなぎりあふれる災の過ぎる時にも、それはわれわれに来ない。われわれはうそを避け所となし、偽りをもって身をかくしたからである」。 

16 それゆえ、主なる神はこう言われる、「見よ、わたしはシオンに一つの石をすえて基とした。これは試みを経た石、堅くすえた尊い隅の石である。『信ずる者はあわてることはない』。 

17 わたしは公平を、測りなわとし、正義を、下げ振りとする。ひょうは偽りの避け所を滅ぼし、水は隠れ場を押し倒す」。 

18 その時あなたがたが死とたてた契約は取り消され、陰府と結んだ協定は行われない。みなぎりあふれる災の過ぎるとき、あなたがたはこれによって打ち倒される。

 万人救済論という、聖書の土台を持たない偽りの人間的希望ではなく、神によって備えられた「試みを経た石、堅くすえた尊い隅の石」であるイエス・キリストの御言葉を土台とした救いを探し求めようではないか。