読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

「誰もあなたたちを騙すことのないように、警戒せよ」

終わりの日の警告 聖別(キリストとの交わり)

マタイ24:3-14

3 またオリブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとにきて言った、「どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。

4 そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。

5 多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。

6 また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。

7 民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。

8 しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。

9 そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。

10 そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。

11 また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。

12 また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

13 しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

14 そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。

 弟子たちの「あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」という質問に対して、御子イエスの回答は実に意味深い。

人に惑わされないように気をつけなさい。

 

誰もあなたたちをだますことのないように、警戒せよ。(岩波訳)

 戦争や争い、飢饉、地震などの出来事よりも先に、人間に惑わされないよう警戒しなさい、と教えているのである。それは、「多く人々」が自称キリストとか預言者を名乗り、「多くの人々」が惑わされ追従し、「全ての民」はキリスト者を憎悪の対象とし、苦しめ、殺し、不法が世に蔓延るため、「多くの人」の愛が冷め、「多くの人」が躓き、互いに裏切り、憎しみ合いからである。

多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。

人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。

あなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。

多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。

多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。

不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

 つまりそれまでキリスト者に対して通常の人間関係で接してきた人々、さらにもっと親しい関係だった人々さえも、終わりの時には態度を変え、キリスト者を憎み、迫害したり、惑わしたりするように変わってしまうだろうと予告しているのである。その点、岩波訳「誰もあなたたちをだますことのないように、警戒せよ」という訳は、原文がもつ緊迫感をより上手く訳出している。つまり現時点では思ってもみない人まで信仰者を惑わしたり騙したりするようになるだろうという、実に厳しい状況を前提に警告しているのである。

 これは使徒パウロがテモテに書き記した「終わりの時に訪れる苦難の時代」の特徴と見事に一致する。

Ⅱテモテ3:1-5

1 しかし、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の時代が来る。

2 その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、

3 無情な者、融和しない者、そしる者、無節制な者、粗暴な者、善を好まない者、

4 裏切り者、乱暴者、高言をする者、神よりも快楽を愛する者、

5 信心深い様子をしながらその実を捨てる者となるであろう。こうした人々を避けなさい。 

 「その時、人々は・・・となるであろう」とあり、「その時、世界経済は・・・」とも「その時、宗教界は・・・」とも、「その時、地球の環境は・・・」とも書かれていない。政治、経済、環境問題、文化、宗教などの枠組みと無関係に、「人間そのものが堕落し、苦難の元凶となる」ということである。

 主イエスが「多くの人々」が惑わす者となり、さらに「多くの人々」が惑わされ、「全ての民」がキリスト者を憎むようになるということは、主の再臨の前には最後まで忠実に残るキリスト者の数が極少数派になることを暗示している。このような預言を読むと、主の再臨の前になるべく多くの魂の救いのために祈り、働くのは当然ながら、一度は恵みを体験し、救いを受けた魂が惑わされて「大多数」に吞み込まれないためにも、お互いに御言葉と祈りによって励まし合い、助け合う必要があることを示している。これこそ、終わりの時に私たちが求めるべき霊的リバイバルの本質ではないだろうか。

 「しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」 

 最後まで救いの福音を真っ直ぐ人々に宣べ伝える者としてありたい。

 

関連記事: