読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

雲の下、雲の上

シンボリズム 試練

f:id:eastwindow18:20140902105303j:plain

 輝くような太陽を期待していたのに、

厚い雲に覆われた薄暗い午後を過ごさなければいけない時、

 透明で穏やかな波の代わりに、

強風に煽られ濁った荒波が打ち寄せる時、

 貪欲なカモメの群れに食い荒らされた貝殻が無残に散らばる砂浜に、

つい視線が俯いてしまう時。

 

 そんな時、

 雲の上の視点に心を向けることはできるだろうか。

 雲を浮かべた大気の抱擁を奇蹟と呼べるだろうか。

f:id:eastwindow18:20140908221729j:plain