読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

荒野でも、宮の頂上でも、高い山の上でも

マタイ4:1-11

1 さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。 

2 そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。 

3 すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。 

4 イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。 

5 それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて 

6 言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。 

7 イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。 

8 次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて 

9 言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。 

10 するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。 

11 そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。 

  • イエスは御霊によって荒野に導かれた
  • それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて
  • 次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、

 聖霊は御子イエスを荒野に導き、悪魔はエルサレムの神の宮の頂上へ、さらにこの世の栄華を見渡せる霊的な「非常に高い山」へ連れていった。御子はそれに対して抵抗していない。悪魔に連れて行かれるままにしている。しかし、それぞれの場所において、御子は御言葉によって戦い、誘惑に勝利している。

「~と書いてある」。

 聖霊の明確な導きによって私達が置かれる状況でも、人間の策略や悪意によって巻き込まれるように出くわす状況においてでも、私達の「武器」は神の御言葉である。しかし、ただ聖書の言葉を引用すればいいという意味ではない。なぜなら悪魔も聖書の言葉を引用するからである。大事なことは、御言葉を引用する際の霊であって、「御言葉に対する遜りの心」「神への畏れ」「神だけに仕える決意」である。

 私たちが神への信仰について聖書を引用して語る時、多くの場合、他人の反応を気にし、人の意見を恐れ、人の好意を得ようという誘惑に会う。自分の霊的能力や権威を誇示しようとしたり、歴史や社会の現象を掌握できる知恵を持っているかのように振る舞おうとする。

 しかし、御言葉を通して神の御前に遜って仕えようとする時、「悪魔は離れ去り、御使たちが仕える」、つまり、私達の心から迷いと不安は消え去り、言葉には言い尽くせない、神から来る真理の不思議な力によって支えられるのである。