読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

生けるキリストを求めて(28)私たちのために戦って下さる主イエス

生けるキリストを求めて(旧約聖書の中のキリスト)

創世記19:1-11

1 そのふたりのみ使は夕暮にソドムに着いた。そのときロトはソドムの門にすわっていた。ロトは彼らを見て、立って迎え、地に伏して、

2 言った、「わが主よ、どうぞしもべの家に立寄って足を洗い、お泊まりください。そして朝早く起きてお立ちください」。彼らは言った、「いや、われわれは広場で夜を過ごします」。

3 しかしロトがしいて勧めたので、彼らはついに彼の所に寄り、家にはいった。ロトは彼らのためにふるまいを設け、種入れぬパンを焼いて食べさせた。

4 ところが彼らの寝ないうちに、ソドムの町の人々は、若い者も老人も、民がみな四方からきて、その家を囲み、

5 ロトに叫んで言った、「今夜おまえの所にきた人々はどこにいるか。それをここに出しなさい。われわれは彼らを知るであろう」。

6 ロトは入口におる彼らの所に出て行き、うしろの戸を閉じて、

7 言った、「兄弟たちよ、どうか悪い事はしないでください。

8 わたしにまだ男を知らない娘がふたりあります。わたしはこれをあなたがたに、さし出しますから、好きなようにしてください。ただ、わたしの屋根の下にはいったこの人たちには、何もしないでください」。

9 彼らは言った、「退け」。また言った、「この男は渡ってきたよそ者であるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、われわれは彼らに加えるよりも、おまえに多くの害を加えよう」。彼らはロトの身に激しく迫り、進み寄って戸を破ろうとした。

10 その時、かのふたりは手を伸べてロトを家の内に引き入れ、戸を閉じた。

11 そして家の入口におる人々を、老若の別なく打って目をくらましたので、彼らは入口を捜すのに疲れた。  

 闇の中に沈むソドムの町の中で、ロトの家に招かれた二人の御使いは、神の恵みによって救われ、「地の塩」「世の光」としてこの世で生きるよう召された信仰者の心の中に宿るイエス・キリストの霊を示している。神の御子キリストが人となり、この世の最も低き所まで降りて下さったことが、現在も聖霊によって信じる者の心の中で起こるのである。

 そして「聖霊の宮」「神の宮」となった信仰者の心は、夜のソドムで起きたように、あらゆる悪の力によって四方を取り囲まれている。そしてその悪の力は、様々な方法を使って、信仰者の心からイエス・キリストを「引きずり出し」、引き離そうとする。

 四方から圧迫してくるそのような悪の力に対して行う最も危険なことは、まさしくロトが行ったことである。つまり自分自身だけで悪の力と対決し、解決できると過信し、無防備にも「扉の外」に一人出ていくことである。このような邪悪な力に対して、信仰者が自分自身でそれを力づくでねじ伏せたり、議論や取引で解決できると考えるのは、時に致命的な結果をもたらす。

Ⅰペテロ5:8-9

8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。

9 この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである。

 確かに使徒ペテロは、「悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい」と勧告しているが、それは決して「自分の力で戦いなさい」という意味ではない。実際、直ぐ前の節には以下のように書かれている。

Ⅰペテロ5:6-7

6 だから、あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。

7 神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。 

 「神の力強い御手の下に自らを低くし、自分の思い煩いを一切神に委ねること」が、「悪魔に向かい、信仰に固く立って、抵抗しなさい」という意味である。それはまたソドムの町の出来事で言い換えるなら、「悪に対して扉を閉じ、一人で外に出て行かないこと」である。このように悪の誘惑に対して「自分に死ぬ」なら、必ず「力強い御手」が無力な私たちに勝利を与えてくださるだろう。

ローマ8:35-39

35 だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。

36 「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、ほふられる羊のように見られている」と書いてあるとおりである。

37 しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。

38 わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、

39 高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。