読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

第七の封印:七つのラッパ

黙示録8:1-5

1 小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。

2 それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。

3 また、別の御使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った。たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった。

4 香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。

5 御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。 

  いよいよ、七つの封印で封じられていた巻物の、最後の封印が子羊、つまり御子イエスによって解かれた。第一の封印が解かれて時からここまでで起きた全てのことは、言わば「巻物の外側に書かれていた内容」であり、第七の封印が解かれた時点から、「巻物の内側に書かれている内容」の啓示が始まるのである。

 黙示録5:1

わたしはまた、御座にいますかたの右の手に、巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった。 

 それは「主の日」が決定的かつ不可逆的に到来したことを意味し、地上に対する神の正しい裁きが始まったことを示している。実際、七人の御使いがそれぞれもつラッパは、地上に神の裁きがもたらすことを示している。

 また祭壇の火で満たされ、香の煙を立ち昇らせる金の香炉は神の正しい裁きを求める祈りであり、それが地上に投げ落とされるのは、その神の正義による報復が成就することを暗示している。

黙示録6:9-10

9 小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。

10 彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。 

 一番目のラッパから七番目のラッパが吹かれるまで、地上に対する裁きはクレッシェンドに厳しくなっていき、七番目のラッパと共に、それはピークの段階に突入することになる(その直前にエルサレムの二人の証人が天に引き上げられるのは意味深い)。

 そして神の正しい怒りの顕れが最終段階に入ると共に、地上における悪の顕現もその邪悪さにおいて頂点に達することになる。

黙示録10:5-7

5 それから、海と地の上に立っているのをわたしが見たあの御使は、天にむけて右手を上げ、

6 天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造り、世々限りなく生きておられるかたをさして誓った、「もう時がない。

7 第七の御使が吹き鳴らすラッパの音がする時には、神がその僕、預言者たちにお告げになったとおり、神の奥義は成就される」。 

黙示録11:15-18

15 第七の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、大きな声々が天に起って言った、「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう」。

16 そして、神のみまえで座についている二十四人の長老は、ひれ伏し、神を拝して言った、

17 「今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神よ。大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。

18 諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。そして、死人をさばき、あなたの僕なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました」。 

黙示録12:9-12

9 この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。

10 その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。

11 兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。

12 それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」。