読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

『イエス様は僕の心の中にいる』

f:id:eastwindow18:20161118085114j:plain

 毎日、各地にいる信仰者の兄弟姉妹からWhatsApp(ヨーロッパで普及している、ラインのようなSMSアプリ)に様々なメッセージが届く。聖句だけのものやイラストや写真に聖句が入っているもの、そして証しのショート・メッセージのようなものまで色々なタイプがある。

 文脈から切り離されて、まるで占いやおみくじ的な使い方をしているケースもあり、手放しで喜べないこともあるが、ちょうどいいタイミングで心を満たし、導きを与えてくれるようなメッセージも少なくない。

 その一例として、今朝受け取ったメッセージを紹介してみたい。なお作者は不明で、実際にあったストーリーかどうか確かめようもないが、聖書が啓示している神の愛をよく証ししているものとして共有するに値すると思った。

GESÙ È NEL MIO CUORE.

"Domani mattina aprirò il tuo cuore", spiegava il chirurgo ad un bambino.

Ed il bambino lo interuppe: "Vi troverà Gesù dentro!"

Il chirurgo rimase perplesso, e continuò: "Taglierò una parete del tuo cuore per vedere il danno completo".

"Ma quando aprirà il mio cuore, troverà Gesù!", interruppe di nuovo il bambino.

Il chirurgo allora si voltò verso i genitori che erano seduti lì vicino, e continuò: "Quando avrò visto tutto il danno, allora deciderò cosa fare".

"Ma troverà Gesù nel mio cuore! La Bibbia dice chiaramente che vive lì.

Tutti i canti dicono che vive lì... perciò, troverà Gesù nel mio cuore!"

Il chirurgo pensò che giusto non illudere quel bambino, di essere chiari con lui e gli spiegò: "Sai cosa troverò nel tuo cuore?

Troverò un muscolo malato, pochi globuli rossi, e le pareti dei vasi sanguigni indeboliti.

Allora mi renderò conto se possiamo aiutarti o meno".

"Ma troverà anche Gesù! Il cuore è la sua casa, Lui vive lì, sta sempre con me!"

Il chirurgo non tollerò più gli insistenti commenti, ed andò via.

Si sedette nel suo ufficio e cominciò a scrivere la diagnosi prima dell'intervento: 'Aorta malata, vena polmonare deteriorata, degenerazione muscolare cardiaca massiccia. Trapianto impossibile, difficilmente guaribile.

La terapia da seguire: analgesici e riposo assoluto.

Prognosi: morte nel giro di un anno.'

A quel punto il chirurgo gridò ad alta voce: "Perchè, perchè gli hai fatto questo? Prima lo hai fatto nascere, e poi lo hai condannato ad una morte precoce. Perchè?"

All'improvviso sentì come una voce dentro di sè che gli diceva: "Quel bambino è una mia pecorella, e starà con me per tutta l'eternità. Qui nel cielo, nel mio gregge sacro, non soffrirà più nessun dolore, sarà confortato in una maniera che nè tu nè chiunque altri può immaginare.

Un giorno i suoi genitori si uniranno a lui, e insieme conosceranno la pace e l'armonia del mio regno.

È tempo che ritorni al suo gregge, perchè ha già portato a termine il suo compito sulla terra.

Alcuni anni fa avevo una pecorella a cui affidai dei doni affinchè aiutasse i suoi fratelli; però, col tempo se ne dimenticò e si dimenticò anche del suo creatore".

A quel punto il chirurgo capì, e cominciò a piangere terribilmente, mentre il Signore gli continuava a parlare:

"Cosicchè, ho inviato questo bambino, affinchè riconducesse a me quella pecorella smarrita".

Alcuni giorni dopo l'intervento, il dottore si sedette accanto al bambino.

Il piccolo, non ancora in grado di parlare, mormorò rapidamente:

"Allora, ha trovato Gesù nel mio cuore?"

"Si", rispose il chirurgo "avevi ragione: l'ho trovato!".

 

"Gesù disse : "In verità vi dico: se non cambiate e non diventate come i bambini, non entrerete nel regno dei cieli". (Matteo 18:3)

"Beati i puri di cuore, perchè vedranno Dio" .
(Matteo 5:8)

 

 

『イエス様は僕の心の中にいる』

 

「明日の午前中に君の心臓を開けるよ。」外科医は男の子に説明した。

するとその男の子はその言葉をさえぎった。

「なかにイエス様がいるよ!」

外科医はとまどいながらも続けた。

「病気が完全にわかるように君の心臓の膜を切るんだよ。」

男の子はまたさえぎって「僕の心臓を開けたら、イエス様がいるよ!」と言った。

そこで外科医は近くに座っていた両親の方を向き、続けた。「病状を全て診た上で何をするか決めます。」

「でも僕の心の中にはイエス様がいるんだ!聖書は彼がそこに生きているってはっきり言っているし、賛美歌もぜんぶ、彼がそこに生きているって言っている。だから僕の心の中にはイエス様が見つかるよ!」

外科医は男の子に幻想を抱かせないで、はっきりさせておいた方がいいと思い、説明した。「君の心臓の中で何を見つけるか知っている?病気の筋肉と少しの赤血球、そして弱った血管の膜だよ。そしたら君のために何かできるかわかるはずだよ。」

「でもイエス様も見つかるさ!心臓は彼の家で、彼はそこで生きていて、いつも僕といっしょにいるんだ!」
外科医はしつこい言葉に耐えられなくなり、その場を去った。

 

自分のオフィスで座り、手術前の診断書を書き始めた。

〘大動脈疾患、肺静脈損傷、心筋退化。

移植は不可能、回復困難。

治療:鎮痛剤、絶対安静。

予後:余命一年〙

その時、外科医は声を上げて叫んだ。「なぜ、なぜあなたはこんなことをしたのですか。なぜ彼を生ませ、そして早過ぎる死を強いたのですか。なぜですか。」

すると突然、心のうちに声のようなものが聞こえた。

「あの男の子は私の子羊で、永遠に私と共にいるだろう。ここ天の、私の聖なる群れでは、痛みに苦しむことはないだろう。あなたにも他の誰にも想像できない方法で慰められるだろう。いつか彼の両親は彼とまた一緒になるだろう。そして私の御国において平和と調和を共に知ることになるだろう。彼が群れに戻る時だ。なぜなら彼は地上における役割を成し遂げたのだから。

何年か前、私には兄弟たちを助けるために賜物を授けた一匹の羊がいた。しかし時が経ち、彼はそれを忘れ、そして彼の創造主のことも忘れてしまった。」

その時、外科医は悟り、ひどく泣き始めた。主は彼に話し続けていた。

「だからこの男の子を遣わしたのだ。あのいなくなった羊を私に導き戻すために。」

 

手術から何日か経ち、医師は男の子を横に座った。

子供はまだ話すことができる状態ではなかったが、さっとささやいた。

「ねえ、僕の心のなかにイエス様見つけた?」

外科医は答えた。「ああ、君の言ってたことは本当だった。私はイエス様を見つけたよ。」

 

「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。」(マタイ18:3)

「心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。」(マタイ5:8)