読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

十字架の上で

ルカ23:32-43

32 さて、イエスと共に刑を受けるために、ほかにふたりの犯罪人も引かれていった。

33 されこうべと呼ばれている所に着くと、人々はそこでイエスを十字架につけ、犯罪人たちも、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけた。 

34 そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。人々はイエスの着物をくじ引きで分け合った。

35 民衆は立って見ていた。役人たちもあざ笑って言った、「彼は他人を救った。もし彼が神のキリスト、選ばれた者であるなら、自分自身を救うがよい」。

36 兵卒どももイエスをののしり、近寄ってきて酢いぶどう酒をさし出して言った、

37 「あなたがユダヤ人の王なら、自分を救いなさい」。

38 イエスの上には、「これはユダヤ人の王」と書いた札がかけてあった。

39 十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。

40 もうひとりは、それをたしなめて言った、「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。

41 お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」。

42 そして言った、「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。

43 イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。  

 イエス・キリストの両脇で、十字架に磔刑された二人の犯罪人は、「強盗」という言葉から連想されるような「他人の富を暴力によって略奪していた犯罪者」というよりは、現代で言うところの「テロリスト」に近い存在であったと言われている。当時は、エルサレムで重要な祭りがあるごとに、全地から多くの人々が集まるその混乱を利用し、ローマの支配に対してテロ行為を繰り返していた。勿論、当時は爆弾などなく、多くの場合、群衆に紛れてローマ軍の兵士に近づき、短刀で刺し、混乱した群衆の中に身を隠すというのが常套手段だった。この二人は、おそらくイエスの代わりに解放されたバラバのグループに属していたと思われる。

 共観福音書(マタイ/マルコ/ルカ)を読み調べると、主イエスと共に十字架に架けられたこの二人の男たちは、当初、周りの人々に調子を合わせ、二人とも主イエスのことを罵っていた。

マタイ27:44

一緒に十字架につけられた強盗どもまでも、同じようにイエスをののしった。

マルコ15:32

イスラエルの王キリスト、いま十字架からおりてみるがよい。それを見たら信じよう」。また、一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。

 二人とも、バラバのように「世に名を残すような」悪党でもなく、激痛と恥辱の中で死にゆく無名の死刑囚であった。二人とも、全く同じ罪状で、同じ種類の十字架の上で、肉体の痛みや死に対する恐怖、行き場のない怒りを全て、自分たちの隣に磔刑されている「イスラエルの王」にぶつけていた。

 だがある時点で、その二人のうちの一人の心に変化が起きた。

もうひとりは、それをたしなめて言った、

「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」。

 この言葉を聞いたもう一人の犯罪者が、驚きで歪んだ顔を上げるのが想像できる。「何言ってんだ、お前。神を畏れるだと?お前もさっきまで、俺と一緒に口汚く罵っていたくせに!」 

 しかし我に返った方の男はさらに続けた。

そして言った、

「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。 

 さっきまで自分が口汚く罵っていた人間に対して祈っている!しかも、まさに「イスラエルの王、救い主キリスト」に対して懇願するかのように、遜って祈っているのである。

 一体、何が彼の心にこれ程大きな変化をもたらしたのか。何がこの男の心を変え、何がもう一人の死刑囚の心に起きなかったのか。隣で十字架にかけられていたイエスという男は、この犯罪者と同じ姿で十字架に架けられ、同じように身動き取れず苦しんでいた。誰も彼を助ける者はいない。ちょうど誰もこの犯罪者のことを助けようとしてなったように。

 何がこの犯罪者の心を悔い改めに導いたのか。彼は何か強烈な幻でも見たのだろうか。主イエスはこの男に個人的な言葉をかけただろうか。「あなたの罪をすべて赦してあげるから、今すぐ悔い改めなさい」と話しかけただろうか。その御手を伸ばして、その男の釘に貫かれた手の傷を奇蹟的に癒しただろうか。

 主イエスは「ただ」横で、この男と同じように十字架に架けられていた「だけ」であった。しかし主イエスの磔刑は、この男の魂の救いのためだったのである。

 私たちは今、この瞬間も、生ける神の御前にいる。ある人はそれを全く知らず、他の人はそれを否定し、またある人はそれを喜ぶ。しかし私たちはその主の御前で、何ができるだろうか。何をすれば私たちの汚れてしまった良心は清められるのだろうか。どこかへ行けば解決するのか。何かをすれば、今までの罪や過ちが消え去るのだろうか。

 ああ、私たちは何もできない。どこへも行けない。誰も助けてくれる人はいない。そして何も見えず、何も聞こえない。ただ心の激しい痛みと暗闇だけがある。

 しかし私たちの孤独な暗闇と沈黙の中で、すぐ隣に、十字架に架けられた主イエス・キリストがおられる。そして彼は、私たちが知らないものを代わりに背負って、静かに待っておられる。