読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

キリストの平和を伝える者として

www.charismanews.com

"There are 1.8 million Muslim adults in the United States. Pew research released that 8% of adult Muslims in the U.S. said that suicide bombings and other forms of violence in the name of Islam are "sometimes" or "often" justified. Think about it—that's 144,000 Muslims who openly say without hesitation that violence in the name of Islam is justified! That's not 'peaceful' and that's not a small number—it's about the size of the entire population of Syracuse, New York!"

 一体どれだけの数のキリスト教徒が、「躊躇することなく公に」、主イエス・キリストの名における暴力行為(勿論、ここにはあらゆる武力行使も含まれる)を容認しているのだろうか。

 もしアメリカ合衆国国民の成人のキリスト教徒(グラハム氏は、イスラム教の中にある数ある宗派の違いには言及していないので、ここでは「キリスト教」の宗派の違いは考慮しない)の8%に相当する人々が、「キリストの名における暴力行為」、所謂「聖戦」を容認しているとしたら、誰かが「キリスト教は平和的でない」と批判しても、少なくともグラハム氏はその批判を自分のものとして受け入れなければいけないだろう。

 いや、むしろ、主イエス・キリストは愛と平和の福音を備えてくださったのだから、彼が「8%のアメリカ人イスラム教徒」を根拠にした批判より、重大なものとして受け止める必要があるだろう。

 残念ながら、同じ調査機関による「アメリカ合衆国国民の成人で、武力行使を容認しているキリスト教徒」に関する同時期のリサーチを見つけることはできなかった。ただ、以下のような統計数値を見つけた。

  • 2011年のリサーチで、国民の約48%が「イラクへの武力行使が正しい選択であった」と考えていた(Section 4: Views of Iraq | Pew Research Center)と答えている。
  • 2014年の調査によれば、アメリカ合衆国国民の成人のうち、約70%が自分のことを「キリスト教徒」(宗派の違いはここでは考慮されていない)と考えているとある。(Christianity in the United States - Wikipedia, the free encyclopedia)2012年には、それが約73%だったから、その割合は減少していることになる。
  • 同ページの統計によると、イスラム教徒の割合は、アメリカ国民の1%にも満たない。

 これらの異なる条件による統計学的数値を基に、上述の「8%」と比較できるような正確な数値など出すことはできないので、判断は読者各自の直観的なものに委ねるが、少なくともグラハム氏と同じように「that's not a small number!」と叫んだとしても、言い過ぎだと非難されることにはならないだろう。

 「宗教の名による暴力の話を聞くのに辟易している」なら、キリストの十字架によって、国家や宗教の違いに死に、キリストの愛と平和の福音に共に生きていこう。

コロサイ3:1-15

1 このように、あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい。そこではキリストが神の右に座しておられるのである。

2 あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない。

3 あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。

4 わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう。

5 だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。

6 これらのことのために、神の怒りが下るのである。

7 あなたがたも、以前これらのうちに日を過ごしていた時には、これらのことをして歩いていた。

8 しかし今は、これらいっさいのことを捨て、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を、捨ててしまいなさい。

9 互にうそを言ってはならない。あなたがたは、古き人をその行いと一緒に脱ぎ捨て、

10 造り主のかたちに従って新しくされ、真の知識に至る新しき人を着たのである。

11 そこには、もはやギリシヤ人とユダヤ人、割礼と無割礼、未開の人、スクテヤ人、奴隷、自由人の差別はない。キリストがすべてであり、すべてのもののうちにいますのである。

12 だから、あなたがたは、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者であるから、あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。

13 互に忍びあい、もし互に責むべきことがあれば、ゆるし合いなさい。主もあなたがたをゆるして下さったのだから、そのように、あなたがたもゆるし合いなさい。

14 これらいっさいのものの上に、愛を加えなさい。愛は、すべてを完全に結ぶ帯である。

15 キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。いつも感謝していなさい。 

 

以下、偏見や一般化した意見から修正してくれる参考資料である。

www.pewresearch.org

www.pewglobal.org