読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである

十字架の言 聖別(キリストとの交わり)

マタイ15:1-20

1 ときに、パリサイ人と律法学者たちとが、エルサレムからイエスのもとにきて言った、

2 「あなたの弟子たちは、なぜ昔の人々の言伝えを破るのですか。彼らは食事の時に手を洗っていません」。

3 イエスは答えて言われた、「なぜ、あなたがたも自分たちの言伝えによって、神のいましめを破っているのか。

4 神は言われた、『父と母とを敬え』、また『父または母をののしる者は、必ず死に定められる』と。

5 それだのに、あなたがたは『だれでも父または母にむかって、あなたにさしあげるはずのこのものは供え物です、と言えば、

6 父または母を敬わなくてもよろしい』と言っている。こうしてあなたがたは自分たちの言伝えによって、神の言を無にしている。

7 偽善者たちよ、イザヤがあなたがたについて、こういう適切な預言をしている、

8 『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。

9 人間のいましめを教として教え、無意味にわたしを拝んでいる』」。

10 それからイエスは群衆を呼び寄せて言われた、「聞いて悟るがよい。

11 口にはいるものは人を汚すことはない。かえって、口から出るものが人を汚すのである」。

12 そのとき、弟子たちが近寄ってきてイエスに言った、「パリサイ人たちが御言を聞いてつまずいたことを、ご存じですか」。

13 イエスは答えて言われた、「わたしの天の父がお植えにならなかったものは、みな抜き取られるであろう。

14 彼らをそのままにしておけ。彼らは盲人を手引きする盲人である。もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう」。

15 ペテロが答えて言った、「その譬を説明してください」。

16 イエスは言われた、「あなたがたも、まだわからないのか。

17 口にはいってくるものは、みな腹の中にはいり、そして、外に出て行くことを知らないのか。

18 しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。

19 というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、

20 これらのものが人を汚すのである。しかし、洗わない手で食事することは、人を汚すのではない」。

 「口にはいるものは人を汚すことはない。かえって、口から出るものが人を汚すのである。」 勿論この教えは、不衛生であることを肯定したり助長する教えではない。主イエスの論点は、神の教えを無にしながらも外面的なことの清さを誇り、心の内面的な聖さを蔑ろにしているその偽善を指摘しているのである。

 十字架体験によって新生した信仰者は、自分の体が聖霊がうちに宿る神の宮となったことを自覚し、その管理に心を配る。かっては自分の体が自分の所有物であると誤解していたので、自分の欲に従って好き勝手に「利用していた」その体を、神の栄光のために用いる心が与えられたからである。そして信仰者はその管理していることを誇ることすら否む。全てが神の栄光であることを求めるからである。またそれを誇ることによって、パリサイびとの偽善に陥る危険があることを体験しているからである。

 実際、私たちの「口から出ていくもの」つまり「心の中にあるもの」は、外面的な配慮とは比べものにならないほど、絶えざる管理、しかも聖霊と御言葉による徹底的な管理が必要であることは、信仰者なら誰でも告白するだろう。

口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、これらのものが人を汚すのである。 

マルコ7:20ー23

20 さらに言われた、「人から出て来るもの、それが人をけがすのである。

21 すなわち内部から、人の心の中から、悪い思いが出て来る。不品行、盗み、殺人、

22 姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴。

23 これらの悪はすべて内部から出てきて、人をけがすのである」。 

エレミヤ17:9-10

9 心はよろずの物よりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。

10 「主であるわたしは心を探り、思いを試みる。おのおのに、その道にしたがい、その行いの実によって報いをするためである」。 

 その心の管理を怠るなら、人は「酬恩祭を捧げ、誓いを果たし、知恵のない若者を不倫に引き連りこむ陰険な女」(箴言7章)や「ナボテを殺すために断食を布告した女王イゼベル」(列王上21章)、「死刑にするために主イエスをローマ総督ピラトに引き渡しながらも、異邦人の家に入って身を汚し過ぎ越しの食事ができなくなることを恐れて、ピラトの官邸に入らなかったユダヤ人たち」(ヨハネ18章)のようになってしまう。

 しかしどうすれば「心の中にある悪い思い」(犯してしまった「悪い行い」とは言っていない点に注意)、つまり心の中で蠢く「不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴」から解放されることができるだろうか。どうしたら言い逃れ、自己欺瞞、責任転嫁の罠から解放され、聖さを求めることができようか。

マタイ5:21-22;27-30

21 昔の人々に『殺すな。殺す者は裁判を受けねばならない』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。

22 しかし、わたしはあなたがたに言う。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けねばならない。兄弟にむかって愚か者と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、ばか者と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう。

27 『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。

28 しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。

29 もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。

30 もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。 

 神は人間に不可能なことを備えてくださった。御子イエス・キリストの十字架である。その十字架によって、すべてが神の裁きを受け、葬られたのである。私たち罪びとは、その神のわざにひたすら信頼し続けること、それ以外に解放の道は存在しない。

コロサイ2:13-23

13 あなたがたは、先には罪の中にあり、かつ肉の割礼がないままで死んでいた者であるが、神は、あなたがたをキリストと共に生かし、わたしたちのいっさいの罪をゆるして下さった。

14 神は、わたしたちを責めて不利におとしいれる証書を、その規定もろともぬり消し、これを取り除いて、十字架につけてしまわれた。

15 そして、もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

16 だから、あなたがたは、食物と飲み物とにつき、あるいは祭や新月や安息日などについて、だれにも批評されてはならない。

17 これらは、きたるべきものの影であって、その本体はキリストにある。

18 あなたがたは、わざとらしい謙そんと天使礼拝とにおぼれている人々から、いろいろと悪評されてはならない。彼らは幻を見たことを重んじ、肉の思いによっていたずらに誇るだけで、

19 キリストなるかしらに、しっかりと着くことをしない。このかしらから出て、からだ全体は、節と節、筋と筋とによって強められ結び合わされ、神に育てられて成長していくのである。

20 もしあなたがたが、キリストと共に死んで世のもろもろの霊力から離れたのなら、なぜ、なおこの世に生きているもののように、

21 「さわるな、味わうな、触れるな」などという規定に縛られているのか。

22 これらは皆、使えば尽きてしまうもの、人間の規定や教によっているものである。

23 これらのことは、ひとりよがりの礼拝とわざとらしい謙そんと、からだの苦行とをともなうので、知恵のあるしわざらしく見えるが、実は、ほしいままな肉欲を防ぐのに、なんの役にも立つものではない。

コロサイ3:1-12

1 このように、あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい。そこではキリストが神の右に座しておられるのである。

2 あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない。

3 あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。

4 わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光のうちに現れるであろう。

5 だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。

6 これらのことのために、神の怒りが下るのである。

7 あなたがたも、以前これらのうちに日を過ごしていた時には、これらのことをして歩いていた。

8 しかし今は、これらいっさいのことを捨て、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を、捨ててしまいなさい。

9 互にうそを言ってはならない。あなたがたは、古き人をその行いと一緒に脱ぎ捨て、

10 造り主のかたちに従って新しくされ、真の知識に至る新しき人を着たのである。

11 そこには、もはやギリシヤ人とユダヤ人、割礼と無割礼、未開の人、スクテヤ人、奴隷、自由人の差別はない。キリストがすべてであり、すべてのもののうちにいますのである。

12 だから、あなたがたは、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者であるから、あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。