読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

真の「ツリー」

f:id:eastwindow18:20151224183340j:plain

 (ボローニャ市街地の中心にあるネットゥーノ広場には、毎年クリスマスツリーが飾れれる。イルミネーションは年ごとに異なるようである。)

 この時期、街角や広場、ショーウィンドウや家の中まで飾られるクリスマスツリー。

 それを見たら思い出してほしい。御子イエス・キリストにまつわる真の「ツリー」を。

 その「ツリー」には、人の目を喜ばされるイルミネーションなどなく、むしろ昼間なのに恐ろしい暗闇に包まれていた。周囲にいた人々の口から出てきた言葉は、お祝いの言葉ではなく、罵りと嘲りの叫びであった。

 そしてその「ツリー」に架けられていたのは、キラキラ輝くラッピングに包まれたプレゼントではなく、父なる神から遣わされた「かけがえのない賜物」であった。

ガラテヤ3:13-14

13 キリストは、わたしたちのためにのろいとなって、わたしたちを律法ののろいからあがない出して下さった。聖書に、「木にかけられる者は、すべてのろわれる」と書いてある。

14 それは、アブラハムの受けた祝福が、イエス・キリストにあって異邦人に及ぶためであり、約束された御霊を、わたしたちが信仰によって受けるためである。 

Ⅰペテロ2:22-24

22 キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった。

23 ののしられても、ののしりかえさず、苦しめられても、おびやかすことをせず、正しいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた。

24 さらに、わたしたちが罪に死に、義に生きるために、十字架にかかって、わたしたちの罪をご自分の身に負われた。その傷によって、あなたがたは、いやされたのである。 

 その「ツリー」を見て、思い出してほしい。御子があなたの救いのために尊き命を捧げてくださったことを。

 

関連記事:

ゴルゴタから聞こえる声 - an east window

十字架の前を通り過ぎる人と立ち止まる人 - an east window

ゴルゴタの丘において―ユダヤ人と百卒長 - an east window

わが神、わが神。どうして私をお見捨てになったのですか。 - an east window

十字架につけられたキリスト - an east window