読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

ゴルゴタから聞こえる声

マタイ27:39-50

39 そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって

40 言った、「神殿を打ちこわして三日のうちに建てる者よ。もし神の子なら、自分を救え。そして十字架からおりてこい」。

41 祭司長たちも同じように、律法学者、長老たちと一緒になって、嘲弄して言った、

42 「他人を救ったが、自分自身を救うことができない。あれがイスラエルの王なのだ。いま十字架からおりてみよ。そうしたら信じよう。

43 彼は神にたよっているが、神のおぼしめしがあれば、今、救ってもらうがよい。自分は神の子だと言っていたのだから」。

44 一緒に十字架につけられた強盗どもまでも、同じようにイエスをののしった。

45 さて、昼の十二時から地上の全面が暗くなって、三時に及んだ。

46 そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言われた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

47 すると、そこに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「あれはエリヤを呼んでいるのだ」。

48 するとすぐ、彼らのうちのひとりが走り寄って、海綿を取り、それに酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。

49 ほかの人々は言った、「待て、エリヤが彼を救いに来るかどうか、見ていよう」。

50 イエスはもう一度大声で叫んで、ついに息をひきとられた。

 

通りがかりの者たちの罵り

祭司長、律法学者、長老たちの嘲りの叫び声

十字架につけられた強盗たちの罵声

 

あなたに聞こえるか

罵る者の赦しを求める祈りの声が

 

「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。」

 

真っ暗闇の三時間

長い苦しい沈黙の時

 

あなたに聞こえるか

黙って耐える息遣いが

その激しい鼓動が

 

あなたは聞いたか

心で捉えたか

本当に聞いたのか

 

預言者の助けなど求めていない

自己憐憫の声でもない

 

彼の魂の叫びを聞きとれるか

あなたの心は震えているか