読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

たとい私を信じなくても

十字架の言 神の愛

ヨハネ10:23-25

23 イエスは、宮の中にあるソロモンの廊を歩いておられた。

24 するとユダヤ人たちが、イエスを取り囲んで言った、「いつまでわたしたちを不安のままにしておくのか。あなたがキリストであるなら、そうとはっきり言っていただきたい」。

25 イエスは彼らに答えられた、「わたしは話したのだが、あなたがたは信じようとしない。わたしの父の名によってしているすべてのわざが、わたしのことをあかししている。 

 エルサレムのユダヤ人たちは、自分たちの心に平安がないことがまるで主イエスの責任であるかのように、「いつまで私たちを不安のままにしておくのか。あなたがキリストであるなら、そうはっきりと言ってくれ」とイエスに詰め寄った。しかし、御子は自分が旧約聖書に預言されていたキリストであることを証していたのである。

 その証は、一人のサマリアの女にほんの数分話しただけ(イエスはサマリアの女の目の前で病気をいやしたりはしなかった)で彼女が信じたほど明確であった。

ヨハネ4:25-26

25 女はイエスに言った、「わたしは、キリストと呼ばれるメシヤがこられることを知っています。そのかたがこられたならば、わたしたちに、いっさいのことを知らせて下さるでしょう」。

26 イエスは女に言われた、「あなたと話をしているこのわたしが、それである」。

 そしてその女の証を聞いたサマリアのスカルの町の人々は、直接主イエスの言葉を聞くことによって、彼が救い主であることを信じた。

ヨハネ4:39-42

39 さて、この町からきた多くのサマリヤ人は、「この人は、わたしのしたことを何もかも言いあてた」とあかしした女の言葉によって、イエスを信じた。

40 そこで、サマリヤ人たちはイエスのもとにきて、自分たちのところに滞在していただきたいと願ったので、イエスはそこにふつか滞在された。 

41 そしてなお多くの人々が、イエスの言葉を聞いて信じた。

42 彼らは女に言った、「わたしたちが信じるのは、もうあなたが話してくれたからではない。自分自身で親しく聞いて、この人こそまことに世の救主であることが、わかったからである」。 

 しかし多くのユダヤ人たちは、主イエスの証を直接聞き、その多くの奇蹟を見ていたにもかかわらず、信じないだけでなく、臆面もなく「あなたがキリストであるなら、そうとはっきり言っていただきたい」と彼を激しく咎めたのである。

 しかし御子の対応は、まさに驚異的である。 

ヨハネ10:37-38

37 もしわたしが父のわざを行わないとすれば、わたしを信じなくてもよい。

38 しかし、もし行っているなら、たといわたしを信じなくても、わたしのわざを信じるがよい。そうすれば、父がわたしにおり、また、わたしが父におることを知って悟るであろう」。

 真理そのものであり、 その口には罪も、偽りも、ののしりも、脅しもなかった方が、「もしわたしが父のわざを行わないとすれば、わたしを信じなくてもよい」「たといわたしを信じなくても、わたしのわざを信じるがよい」とまで言って、頑なで高慢な人々の信仰のために歩み寄っているのである。まさに御子は十字架にかけられる前から、自己を捨て十字架を絶えず背負っていたのだ。

ヨハネ14:10-11

10 わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか。わたしがあなたがたに話している言葉は、自分から話しているのではない。父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。

11 わたしが父におり、父がわたしにおられることを信じなさい。もしそれが信じられないならば、わざそのものによって信じなさい

 御子イエスは十字架の上で父なる神に見捨てられたようになってまで、父なる神から与えられた「贖罪のわざ」を成し遂げようとした。それは私たちが「そのわざそのものによって」神の愛を知り、信じて救われるためである。

ローマ5:6-8(新改訳)

6 私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。

7 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。

8 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

 使徒パウロは、自分の福音宣教によって救いを受けたコリントの教会の信徒らが、パウロの顔に泥をぬるような態度をとっていたにもかかわらず、キリストの十字架の霊によってコリントの人々を愛した。

Ⅱコリント13:7-9

7 わたしたちは、あなたがたがどんな悪をも行わないようにと、神に祈る。それは、自分たちがほんとうの者であることを見せるためではなく、たといわたしたちが見捨てられた者のようになっても、あなたがたに良い行いをしてもらいたいためである。

8 わたしたちは、真理に逆らっては何をする力もなく、真理にしたがえば力がある。

9 わたしたちは、自分は弱くても、あなたがたが強ければ、それを喜ぶ。わたしたちが特に祈るのは、あなたがたが完全に良くなってくれることである。

ローマ9:1-3

1 わたしはキリストにあって真実を語る。偽りは言わない。わたしの良心も聖霊によって、わたしにこうあかしをしている。

2 すなわち、わたしに大きな悲しみがあり、わたしの心に絶えざる痛みがある。

3 実際、わたしの兄弟、肉による同族のためなら、わたしのこの身がのろわれて、キリストから離されてもいとわない。 


Jesus, Keep Me Near The Cross (Hymn) - YouTube


Softly and Tenderly - YouTube