読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

引き裂かれた幕を縫おうとする偽善

f:id:eastwindow18:20150606235422j:plain

マタイ27:50,51a

50 イエスはもう一度大声で叫んで、ついに息をひきとられた。

51a すると見よ、神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。

へブル10:19-22

19 兄弟たちよ。こういうわけで、わたしたちはイエスの血によって、はばかることなく聖所にはいることができ、

20 彼の肉体なる幕をとおり、わたしたちのために開いて下さった新しい生きた道をとおって、はいって行くことができるのであり、

21 さらに、神の家を治める大いなる祭司があるのだから、

22 心はすすがれて良心のとがめを去り、からだは清い水で洗われ、まごころをもって信仰の確信に満たされつつ、みまえに近づこうではないか。 

 イエス・キリストが十字架の上で息をひきとった時、エルサレムの神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。それはキリストの恵みによって、最も神聖なる神の臨在に近づく道が、信じる全ての人のために開かれたことを象徴していた。そう、地球上の最も穢れた罪人であったとしても、イエス・キリストの尊き血潮によって、「はばかることなく」御前に近づけるのである。

 「上から下まで」。裂け目は床から天上に向かって裂けていったのではなく、人の手が届かない「上から」始まったのである。ちょうど、人ではなく、人の努力でもなく、ただひたすら神の恵みによって、神の御前にいく「新しい生きた道」がひらかれたように。

 しかし、何と私達は勘違いしやすい存在だろうか。恵みによって罪と穢れから清められ、「至聖所」に入ることが許されたのに、まるで自分以外の罪びとは「至聖所」に入ることが許されていないかのように、「私はあなたより清められている」「私はあなたより霊的である」「私はあなたより真理を知っている」「私はあなたより律法を守っている」という偽善の糸で、神によって引き裂かれた幕を「下から上へ」縫いつけて閉じようとする。

 他人の中に見出す悪の種で、私達の心の中にないものはあるだろうか。私達の善行や信仰や知識が神殿の幕を引き裂き、新しい道を切り開いたのだろうか。

 私達が真に「新しい生きた道」を通って「裂かれた幕の向こう」に入るとき、私達を御前に近づけた恵みは、他の人々にとっても十分な恵みであることを悟るのである。