読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

洞穴の外で

f:id:eastwindow18:20140714175910j:plain

Ⅰ列王19:1-18

1 アハブはエリヤのしたすべての事、また彼がすべての預言者を刀で殺したことをイゼベルに告げたので、

2 イゼベルは使者をエリヤにつかわして言った、「もしわたしが、あすの今ごろ、あなたの命をあの人々のひとりの命のようにしていないならば、神々がどんなにでも、わたしを罰してくださるように」。

3 そこでエリヤは恐れて、自分の命を救うために立って逃げ、ユダに属するベエルシバへ行って、しもべをそこに残し、

4 自分は一日の道のりほど荒野にはいって行って、れだまの木の下に座し、自分の死を求めて言った、「主よ、もはや、じゅうぶんです。今わたしの命を取ってください。わたしは先祖にまさる者ではありません」。

5 彼はれだまの木の下に伏して眠ったが、天の使が彼にさわり、「起きて食べなさい」と言ったので、

6 起きて見ると、頭のそばに、焼け石の上で焼いたパン一個と、一びんの水があった。彼は食べ、かつ飲んでまた寝た。

7 主の使は再びきて、彼にさわって言った、「起きて食べなさい。道が遠くて耐えられないでしょうから」。

8 彼は起きて食べ、かつ飲み、その食物で力づいて四十日四十夜行って、神の山ホレブに着いた。

9 その所で彼はほら穴にはいって、そこに宿ったが、主の言葉が彼に臨んで、彼に言われた、「エリヤよ、あなたはここで何をしているのか。

10 彼は言った、「わたしは万軍の神、主のために非常に熱心でありました。イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、刀をもってあなたの預言者たちを殺したのです。ただわたしだけ残りましたが、彼らはわたしの命を取ろうとしています」。

11 主は言われた、「出て、山の上で主の前に、立ちなさい」。その時主は通り過ぎられ、主の前に大きな強い風が吹き、山を裂き、岩を砕いた。しかし主は風の中におられなかった。風の後に地震があったが、地震の中にも主はおられなかった。

12 地震の後に火があったが、火の中にも主はおられなかった。火の後に静かな細い声が聞えた。

13 エリヤはそれを聞いて顔を外套に包み、出てほら穴の口に立つと、彼に語る声が聞えた、「エリヤよ、あなたはここで何をしているのか」。

14 彼は言った、「わたしは万軍の神、主のために非常に熱心でありました。イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、刀であなたの預言者たちを殺したからです。ただわたしだけ残りましたが、彼らはわたしの命を取ろうとしています」。

15 主は彼に言われた、「あなたの道を帰って行って、ダマスコの荒野におもむき、ダマスコに着いて、ハザエルに油を注ぎ、スリヤの王としなさい。

16 またニムシの子エヒウに油を注いでイスラエルの王としなさい。またアベルメホラのシャパテの子エリシャに油を注いで、あなたに代って預言者としなさい。

17 ハザエルのつるぎをのがれる者をエヒウが殺し、エヒウのつるぎをのがれる者をエリシャが殺すであろう。

18 また、わたしはイスラエルのうちに七千人を残すであろう。皆バアルにひざをかがめず、それに口づけしない者である」。

 信仰生活において失望した時、孤独感に襲われた時、全てが無駄だという思いになった時、信仰者が身を避けることができる「一つの霊的な山」がある。否、むしろ信仰者はいつの間にか、聖霊によってその霊的場所に導かれる。そしてまた、気付かぬうちにある「洞穴」の中にいるのである。その中で失望し、孤独感と無力感に押し潰され、希望を失った信仰者は、自己憐憫や自己保身、他人への断罪や責任転嫁など、あらゆる考えに悶え苦しみ、理解を超えた周囲の状況を嘆く。

 しかしその時、聖霊が信仰者の心に静かに語りかける。「あなたはここで何をしているのか」「出て、山の上で主の前に、立ちなさい」と。そして信仰によって悟るのである。自分が今いる「霊的な山」は、イエス・キリストが十字架の上で命を捧げたゴルゴタの丘であり、そして身を隠した「霊的な洞穴」は、イエス・キリストの空の墓であることを。

 そう、あのゴルゴタの丘のイエス・キリストの十字架によって、「人間の全て」が十字架につけられ、そしてキリストと共に葬られたのである。人間の義も罪も、地上的な失望も希望も、全てキリストにおいて葬られたのである。

 そして「洞窟の中」「空の墓の中」には、何の解決もない。自分たちの師のために少しでも相応しい葬儀を行おうと、香料を携えていった女たちが何もすることができなかったように、空の墓の中には、信仰者の戸惑いや悲しみを解決を与えてくれるようなものは何一つない。

ルカ24:1-9

1 週の初めの日、夜明け前に、女たちは用意しておいた香料を携えて、墓に行った。

2 ところが、石が墓からころがしてあるので、

3 中にはいってみると、主イエスのからだが見当らなかった。

4 そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣を着たふたりの者が、彼らに現れた。

5 女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。

6 そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにお話しになったことを思い出しなさい。

7 すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか」。 

8 そこで女たちはその言葉を思い出し、 

9 墓から帰って、これらいっさいのことを、十一弟子や、その他みんなの人に報告した。 

 イエス・キリストは、死から復活し、そこにはいないのである!甦ったイエス・キリストこそ、全ての解決である。そして、「洞穴」「空の墓」から一歩出れば、彼と出会えるのである。

ヨハネ20:11-18

11 しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、

12 白い衣を着たふたりの御使が、イエスの死体のおかれていた場所に、ひとりは頭の方に、ひとりは足の方に、すわっているのを見た。

13 すると、彼らはマリヤに、「女よ、なぜ泣いているのか」と言った。マリヤは彼らに言った、「だれかが、わたしの主を取り去りました。そして、どこに置いたのか、わからないのです」。

14 そう言って、うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見た。しかし、それがイエスであることに気がつかなかった。

15 イエスは女に言われた、「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。マリヤは、その人が園の番人だと思って言った、「もしあなたが、あのかたを移したのでしたら、どこへ置いたのか、どうぞ、おっしゃって下さい。わたしがそのかたを引き取ります」。

16 イエスは彼女に「マリヤよ」と言われた。マリヤはふり返って、イエスにむかってヘブル語で「ラボニ」と言った。それは、先生という意味である。

17 イエスは彼女に言われた、「わたしにさわってはいけない。わたしは、まだ父のみもとに上っていないのだから。ただ、わたしの兄弟たちの所に行って、『わたしは、わたしの父またあなたがたの父であって、わたしの神またあなたがたの神であられるかたのみもとへ上って行く』と、彼らに伝えなさい」。

18 マグダラのマリヤは弟子たちのところに行って、自分が主に会ったこと、またイエスがこれこれのことを自分に仰せになったことを、報告した。

 主なる神は洞穴の前でエリヤに新しい任務、「ハザエルに油を注ぎ、スリヤの王とし、ニムシの子エヒウに油を注いでイスラエルの王とし、またエリシャに油を注いで、預言者として任命する」任務を与えた。

 聖霊は、自分自身に失望し、他人に絶望し、希望を失った信仰者を「空の墓」から導きだし、死から復活し、今生きている主イエス・キリストを啓示してくださる。その瞬間に信仰者の心は奮い立ち、初めの愛に立ち帰るのである。神から油注がれたキリストにただひたすら栄光を帰し、生ける神の言を証しするために自分の魂を救って下さった方を愛する愛に。

 

関連記事:

御子の死ゆえに - an east window

雨の前に火 - an east window

小さなエリヤ - an east window