読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

ゴリヤテとの戦い、そしてサウルによる迫害

いにしへからの教訓 試練

f:id:eastwindow18:20140506034527j:plain

Ⅰサムエル17:41-50

41 そのペリシテ人も盾持ちを先に立て、ダビデのほうにじりじりと進んで来た。

42 ペリシテ人はあたりを見おろして、ダビデに目を留めたとき、彼をさげすんだ。ダビデが若くて、紅顔の美少年だったからである。

43 ペリシテ人はダビデに言った。「おれは犬なのか。杖を持って向かって来るが。」ペリシテ人は自分の神々によってダビデをのろった。

17:44 ペリシテ人はダビデに言った。「さあ、来い。おまえの肉を空の鳥や野の獣にくれてやろう。」

45 ダビデはペリシテ人に言った。「おまえは、剣と、槍と、投げ槍を持って、私に向かって来るが、私は、おまえがなぶったイスラエルの戦陣の神、万軍の主の御名によって、おまえに立ち向かうのだ。

46 きょう、主はおまえを私の手に渡される。私はおまえを打って、おまえの頭を胴体から離し、きょう、ペリシテ人の陣営のしかばねを、空の鳥、地の獣に与える。すべての国は、イスラエルに神がおられることを知るであろう。

47 この全集団も、主が剣や槍を使わずに救うことを知るであろう。この戦いは主の戦いだ。主はおまえたちをわれわれの手に渡される。」

48 そのペリシテ人は、立ち上がり、ダビデを迎え撃とうと近づいて来た。ダビデもすばやく戦場を走って行き、ペリシテ人に立ち向かった。

49 ダビデは袋の中に手を差し入れ、石を一つ取り、石投げでそれを放ち、ペリシテ人の額を打った。石は額に食い込み、彼はうつぶせに倒れた。

50 こうしてダビデは、石投げと一つの石で、このペリシテ人に勝った。ダビデの手には、一振りの剣もなかったが、このペリシテ人を打ち殺してしまった。

Ⅰサムエル19:9-12

9 ときに主からの悪い霊がサウルに臨んだ。サウルは自分の家にすわっており、その手には槍を持っていた。ダビデは琴を手にしてひいていた。

10 サウルが槍でダビデを壁に突き刺そうとしたとき、ダビデはサウルから身を避けたので、サウルは槍を壁に打ちつけた。ダビデは逃げ、その夜は難をのがれた。

11 サウルはダビデの家に使者たちを遣わし、彼を見張らせ、朝になって彼を殺そうとした。ダビデの妻ミカルはダビデに告げて言った。「今夜、あなたのいのちを救わなければ、あすは、あなたは殺されてしまいます。」

12 こうしてミカルはダビデを窓から降ろしたので、彼は逃げて行き、難をのがれた。

  ペリシテの巨人ゴリヤテに対して、イスラエルの戦士たちは皆怯えていたが、少年ダビデだけが勇敢に立ち向かい、石一つで一瞬にして大勝利を収めた。しかし、そんなダビデも、イスラエルの初代王サウルが嫉妬によって自分を殺そうとしたとき、妻ミカルの忠告に従って窓から逃げなければならなかった。そしてその逃亡は何年にも及び、その間ダビデは、荒野を彷徨い、敵の地ペリシテのガテのアキシュ王のところで、一年四か月も身を隠さなければいけないほど、追い詰められていた。

 外部からの強烈な戦いに対して、一人の信者や地域教会が神への信仰に寄り頼み、大いなる勝利を得ることは珍しいことではない。神の力が明確に顕れ、それを通して人々は神の栄光をみる。

 しかしそのような勝利の経験と共に、信者は親しい関係の中から、特に教会の中で、想像することもできないような辛辣で執拗な攻撃を受けることがある。そしてその攻撃は、非常に長引くことが多々ある。繰り返し祈れど、勝利どころか状況はさらに悪化し、解決の無いまま、まるでダビデのように霊的な荒野を彷徨うような経験もする。

 ダビデには、神の導きを示すエポデを携えた大祭司エブヤタルが同行していた。そしてダビデは、自らゴリヤテの首を切った勝利のしるし、ゴリヤテの剣を持っていた(Ⅰサムエル21:8,9)。その剣を使って、自分を殺そうしていたサウルを返り討ちする機会も何度か与えられた。しかしダビデは、自らの手でサウルに報復し問題を解決するよりも、全てを主なる神に委ね、サウルから逃亡し続けることを選んだ。

 ダビデはサウルからの逃亡期間中に多くの詩篇を書き残した。詩篇18、34、52、54、56、57、59、63篇などで、他にもその期間に書かれたものでないかと暗示している詩篇が多々ある。私たちがその詩篇を読むとき、信仰によって得た瞬間的な勝利の時に味わう喜びとは全く異なる、言葉に言い表せないような深い慰めを味わうのである。

 これもまた主の道である。