読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

ゴミ捨て場のオーケストラ


Landfill Harmonic Amazing and Inspirational - YouTube


Bach - Cello Suite No.1 i-Prelude - YouTube

 ミシャ・マイスキーの壮厳な演奏は何度聴いても感動するが、この「ゴミ捨て場のオーケストラ」のチェロ演奏は、全く違った意味で、魂の琴線に触れる。実に美しい。またプロフェッショナルなオーケストラの指揮者が、この「ゴミ捨て場のオーケストラ」を指揮している場面も、何か心を震わすシーンである。

 私達の「マエストロ」は、神の言であり、神の啓示である。父なる神の前で神の栄光を完璧に「奏でる」ことができる方であり、地上において罪人という「楽器」に頼る必要の全くない方である。

 そのような方が、罪によって腐敗した世界から私達一人ひとりをあえて選びだし、教会という「オーケストラ」を創り、その教会を通して神の栄光の賛美を奏でるために、指揮者として聖霊を遣わしてくださった。

 ストラディヴァリやグァルネリの名器からしてみれば、同じ楽器のカテゴリーに入れられる事さえ、忌々しい事であろう。でこぼこでチグハグ、あのゴミ捨て場と同じように醜く、一瞥の価値もない、汚らしいものとして扱われるだろう。

 しかし、「マエストロ」にとっては、世界で同じものが一つとしてない、かけがえのない「楽器」なのである。

1コリント1:26-31

26 兄弟たちよ。あなたがたが召された時のことを考えてみるがよい。人間的には、知恵のある者が多くはなく、権力のある者も多くはなく、身分の高い者も多くはいない。 

27 それだのに神は、知者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選び、 

28 有力な者を無力な者にするために、この世で身分の低い者や軽んじられている者、すなわち、無きに等しい者を、あえて選ばれたのである。 

29 それは、どんな人間でも、神のみまえに誇ることがないためである。 

30 あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。 

31 それは、「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりである。 

聖書引用

口語訳聖書 (c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954, 1955