an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

聖別(キリストとの交わり)

遍在する神との交わりの質

マタイ18:20 ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。 この聖句は、多くの場合、文脈から完全に切り離されて引用され、「イエス・キリストが礼拝を捧げている私達と共にいる」という言葉によって…

隠れた所で隠れた事を見、報いる神

マタイ6:6,9 6 あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。 9 だから、あなたがたはこう祈りなさい、天にいますわれらの…

上着を脱いで

ルカ19:28-40 28 イエスはこれらのことを言ったのち、先頭に立ち、エルサレムへ上って行かれた。 29 そしてオリブという山に沿ったベテパゲとベタニヤに近づかれたとき、ふたりの弟子をつかわして言われた、 30 「向こうの村へ行きなさい。そこには…

精錬された信仰による希望

Ⅱペテロ3:8-14 8 愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。 9 ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることが…

この山でも、またエルサレムでもない所で

ヨハネ4:19-24 19 女はイエスに言った、「主よ、わたしはあなたを預言者と見ます。 20 わたしたちの先祖は、この山で礼拝をしたのですが、あなたがたは礼拝すべき場所は、エルサレムにあると言っています」。 21 イエスは女に言われた、「女よ、わた…

「御霊の執り成し」の中で清められる祈り

ローマ8:18-27 18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。 19 被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。 20 なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の…

「今は見える」

ヨハネ9:25 すると彼は言った、「あのかたが罪人であるかどうか、わたしは知りません。ただ一つのことだけ知っています。わたしは盲であったが、今は見えるということです」。 生まれつきの盲人であった男は、イエス・キリストによって奇蹟的に癒された…

新しい天と新しい地を待ち望む心

Ⅱペテロ3:8-14 8 愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。 9 ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることが…

「産みの苦しみ」における聖霊の助け

ローマ8:18-27 18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。 19 被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。 20 なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の…

イエス・キリストは真の「先生」

ヤコブ3:1-12 1 わたしの兄弟たちよ。あなたがたのうち多くの者は、教師にならないがよい。わたしたち教師が、他の人たちよりも、もっときびしいさばきを受けることが、よくわかっているからである。 2 わたしたちは皆、多くのあやまちを犯すものであ…

聖霊によって始め、聖霊によって仕上げる

ルカ14:25-35 25 大ぜいの群衆がついてきたので、イエスは彼らの方に向いて言われた、 26 「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。 27 自分の十…

神の命を源泉としない偽りの「活動性」

ユダ10-13 10 しかし、この人々は自分が知りもしないことをそしり、また、分別のない動物のように、ただ本能的な知識にあやまられて、自らの滅亡を招いている。 11 彼らはわざわいである。彼らはカインの道を行き、利のためにバラムの惑わしに迷い入り…

泣く者と共に泣きなさい

ローマ12:15 喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。 黙示3:17 あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに…

魂への呼びかけ

ヨハネ20:11-18 11 しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、 12 白い衣を着たふたりの御使が、イエスの死体のおかれていた場所に、ひとりは頭の方に、ひとりは足の方に、すわっているのを見た…

イエス・キリストは道であり、真理であり、命である。

ヨハネ14:1-6 1 「あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、またわたしを信じなさい。 2 わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから…

心の前に御言葉を置く

創世記3:1-6 1 さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。 2 女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許…

律法学者、弟子、そして主人(1)

マタイ13:51-53 51 あなたがたは、これらのことが皆わかったか」。彼らは「わかりました」と答えた。 52 そこで、イエスは彼らに言われた、「それだから、天国のことを学んだ学者は、新しいものと古いものとを、その倉から取り出す一家の主人のよう…

イエス・キリストの眼差し

「使徒行伝に書かれた信仰生活をモデルにしている」というモットーを掲げて、自らの信仰や教会の正統性を主張する個人や教団などがある。私個人、納得できない違和感を感じながらも、よく検証することもなかった。しかし、そのような主張をしていた教会が、…

真のやもめ

Ⅰテモテ5:3-16 3 やもめについては、真にたよりのないやもめたちを、よくしてあげなさい。 4 やもめに子か孫かがある場合には、これらの者に、まず自分の家で孝養をつくし、親の恩に報いることを学ばせるべきである。それが、神のみこころにかなうこと…

荒野の奥で

出エジプト3:1-6 1 モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの羊の群れを飼っていたが、その群れを荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。 2 ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼に現れた。彼が見ると、しばは火に燃えているのに、そのしばはなくな…

純真な目と貪欲な目

マタイ6:19-24 19 あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。 20 むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に…

「低さ」と「聖さ」に宿るイエス・キリスト

マタイ18:1-4 1 そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。 2 すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、 3 「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようになら…

兵卒としての自覚

強くなる : 村上 密 Blog 我が家の窓からは、見下ろすかたちでイタリア陸軍の兵舎が一望できる。そこには大きなサッカー場があり、2,3年前までは毎日午後になると、兵士たちがチームに分かれてサッカーをするのが恒例であった。あらゆるスラングや罵声が飛…

復活したイエス・キリストとの交わり

ルカ24:13-16;30,31,35 13 この日、ふたりの弟子が、エルサレムから七マイルばかり離れたエマオという村へ行きながら、 14 このいっさいの出来事について互に語り合っていた。 15 語り合い論じ合っていると、イエスご自身が近づいてきて、…

幸いな人(1)詩編1

詩編1:1-6 1 悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。 2 このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。 3 このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び…

一人悲しんでいる兄弟姉妹へ(2)

ヨハネ20:16-18 16 イエスは彼女に「マリヤよ」と言われた。マリヤはふり返って、イエスにむかってヘブル語で「ラボニ」と言った。それは、先生という意味である。 17 イエスは彼女に言われた、「わたしにさわってはいけない。わたしは、まだ父のみも…

一人悲しんでいる兄弟姉妹へ(1)

ヨハネ20:11-18 11 しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、 12 白い衣を着たふたりの御使が、イエスの死体のおかれていた場所に、ひとりは頭の方に、ひとりは足の方に、すわっているのを見た…

三位一体の神との交わり

ローマ8:14-16 14 すべて神の御霊に導かれている者は、すなわち、神の子である。 15 あなたがたは再び恐れをいだかせる奴隷の霊を受けたのではなく、子たる身分を授ける霊を受けたのである。その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのであ…

生ける神との交わりの場所

詩編27:4-8 4 わたしは一つの事を主に願った、わたしはそれを求める。わたしの生きるかぎり、主の家に住んで、主のうるわしきを見、その宮で尋ねきわめることを。 5 それは主が悩みの日に、その仮屋のうちにわたしを潜ませ、その幕屋の奥にわたしを隠…

「初めの愛」にとどまり、「初めのわざ」を行うための悔い改め

黙示2:1-7 1 エペソにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。 2 わたしは、あなたのわざと労苦と忍耐とを知っている。また、あなたが、悪い者たちをゆるしておくこ…

「老い」と「成熟」

「老化」とは「喪失・衰退・決別による聖化」、「引き算による花嫁修業最終ラウンド」http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=3642 『命と性の日記~日々是命、日々是性』より 現実から剝離した気恥ずかしい程の「若さの崇拝」が、すっかり教会に浸透してしま…

友を研ぐ友

箴言27:17 新改訳 鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。 ヨハネ15:13-16 13 人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。 14 あなたがたにわたしが命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友であ…

石を投げて届くほどの距離

マタイ26:36-41 36 それから、イエスは彼らと一緒に、ゲツセマネという所へ行かれた。そして弟子たちに言われた、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここにすわっていなさい」。 37 そしてペテロとゼベダイの子ふたりとを連れて行かれたが、悲…

安全な所

詩編12 聖歌隊の指揮者によってシェミニテにあわせてうたわせたダビデの歌 1 主よ、お助けください。神を敬う人は絶え、忠信な者は人の子らのなかから消えうせました。 2 人はみなその隣り人に偽りを語り、へつらいのくちびると、ふたごころとをもって語る…

あれはもうおとなです。

ヨハネ9:22,23(新改訳) 彼の両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちをおそれたからであった。既にユダヤ人たちは、イエスをキリストであると告白する者があれば 、その者を会堂から追放すると決めていたからである。そのために彼の両親は、「あれはも…

成長の方向

エペソ4:11-15 11 そして彼は、ある人を使徒とし、ある人を預言者とし、ある人を伝道者とし、ある人を牧師、教師として、お立てになった。 12 それは、聖徒たちをととのえて奉仕のわざをさせ、キリストのからだを建てさせ、 13 わたしたちすべての者…

本当の節制

Ⅰコリント9:24-27 あなたがたは知らないのか。競技場で走る者は、みな走りはするが、賞を得る者はひとりだけである。あなたがたも、賞を得るように走りなさい。しかし、すべて競技をする者は、何ごとにも節制をする。彼らは朽ちる冠を得るためにそう…

隠れた王

ヨハネ6:15 イエスは人々がきて、自分をとらえて王にしようとしていると知って、ただひとり、また山に退かれた。 キリストは、実際に天地創造以前から「王の王、主の主」であった。人々は彼を王として祭り上げようとしていた。しかし、キリストはただ一人、…

「精練された金」と「白い衣」と「目薬」の代価

黙示録3:14-22 ラオデキヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『アァメンたる者、忠実な、まことの証人、神に造られたものの根源であるかたが、次のように言われる。わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。む…

私の隣人、私が隣人

ルカ10:25-37 この有名は『善きサマリア人』のたとえ話は、ある律法学者が自分がするべきことをしていないことに対して自己を正当化しようとしたことが発端となり、イエス・キリストが語ったストーリーである。 自分が知っているなすべき善、『あな…

魂の牧者

聖霊の主要な目的の一つは、信者を復活・昇天した主であるキリストと一体化し、彼の復活のいのちを信者の経験の中で実際のものとすることです。時代が終末―キリストの顕現―に向かって進むにつれて、二つの特徴がますます明らかになるでしょう。一方において…

キリストの愛の中に

黙示録12:12 それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである。 マタイ24:10-13 そのとき…

あなたの前に開かれた門

黙示録3章8節 見よ。私は、誰も閉じることのできない門を、あなたの前に開いておいた。 人から不気味がられ、責められ、全く理解されなくとも、ただ聖書の御言葉を愛し、ひたすら主の御名の栄光を求める人の前には、開かれた門が備えられている。 それは声…