an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

現代福音宣教の問題点

『Breaking the Silence 沈黙を破って:イスラエル元兵士たちの証言』

イスラエル人とかパレスチナ人とかの立場の違いを超えて、一人の生身の人間の良心の在り方に深く考えさせられるビデオである。 兵士としての立場や任務が与える「正当化」でもなだめることのできない良心の呵責。それに対して自分の異常さを正直に認め、正し…

オハイオ州のグランドロッジに属するバプティスト教会の牧師

アメリカ合衆国オハイオ州のフリーメーソンのグランドロッジ発行の季刊誌( http://www.phaohio.org/mwphgloh/lamp4thQtr08.pdf, 2008年)によると、21名の新規会員のうち、5名の牧師の名が記され、そのうち4名はバプティスト教会の牧師である。 記…

誰が隣人になったか。

ルカ10:25ー37 25 するとそこへ、ある律法学者が現れ、イエスを試みようとして言った、「先生、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。 26 彼に言われた、「律法にはなんと書いてあるか。あなたはどう読むか」。 27 彼は答えて言った、「『心…

福音宣教のために授けられた賜物

マタイ28:18-20 18 イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。 19 それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施…

神の恵みは私たちを教え、十字架は私たちを聖別する

テトス2:11-14 11 すべての人を救う神の恵みが現れた。 12 そして、わたしたちを導き、不信心とこの世の情欲とを捨てて、慎み深く、正しく、信心深くこの世で生活し、 13 祝福に満ちた望み、すなわち、大いなる神、わたしたちの救主キリスト・イエス…

『シリア: もう一つのパイプライン戦争』の記事

シリア: もう一つのパイプライン戦争: マスコミに載らない海外記事 パイプライン戦争 彼らの見方では、バッシャール・アサドに対する我々の戦争は、2011年、アラブの春の穏やかな市民的抗議行動で始まったわけではない。そうではなく、カタールが、サウジア…

神の御前と、審判者キリスト・イエスの御前にいるという意識

Ⅱテモテ4:1-5 1 神のみまえと、生きている者と死んだ者とをさばくべきキリスト・イエスのみまえで、キリストの出現とその御国とを思い、おごそかに命じる。 2 御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを励み、あくまでも寛容な心でよく教えて…

「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」の誤用

『ティモシー・ケラー牧師の同性愛に関する偽りの教え』や『「同性愛」という鏡に映し出されている信仰者の在り方』のような意見を書くと、必ず「裁くあなたは一体何者か」という批判を受ける。そして有名な「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石…

「同性愛」という鏡に映し出されている信仰者の在り方

Ⅰコリント6:9-11 9 それとも、正しくない者が神の国をつぐことはないのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、 10 貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者…

ティモシー・ケラー牧師の同性愛に関する偽りの教え

What do Christians have against Homosexuality? Tim Keller at Veritas [8 of 11] ティモシー・ケラー牧師に投げかけられた質問は、明確である。「同性愛は罪か。同性愛者は地獄へ行くのか。」 確かに神は例外なくすべての罪びとを愛し、すべての罪びとが…

『ローマびとへの手紙』(31)信仰義認の必要条件

ローマ4:6-8 6 ダビデもまた、行いがなくても神に義と認められた人の幸福について、次のように言っている、 7 「不法をゆるされ、罪をおおわれた人たちは、さいわいである。 8 罪を主に認められない人は、さいわいである」。 使徒パウロはここで詩篇3…

キリストの平和を伝える者として

www.charismanews.com "There are 1.8 million Muslim adults in the United States. Pew research released that 8% of adult Muslims in the U.S. said that suicide bombings and other forms of violence in the name of Islam are "sometimes" or "ofte…

管理者に要求されていること

Ⅰコリント4:1-7 1 このようなわけだから、人はわたしたちを、キリストに仕える者、神の奥義を管理している者と見るがよい。 2 この場合、管理者に要求されているのは、忠実であることである。 3 わたしはあなたがたにさばかれたり、人間の裁判にかけら…

「石」を恐れるな。「斧」と「火」を畏れよ。

ルカ3:7-9 7 さて、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出てきた群衆にむかって言った、「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、のがれられると、おまえたちにだれが教えたのか。 8 だから、悔改めにふさわしい実を結べ。自分たちの父…

誕生日に関する考察

ブラジルの南部に住む信仰者から、彼女が家族で通っている教会の情報を時々受ける。千人以上の会員がいる大きな教会で、毎週のように洗礼を受ける人がいるという。 その教会は毎年、教会の開拓者であり、現役の牧師の誕生日に感謝礼拝を行うということで、以…

ベツサイダの廃墟の石

ガリラヤ湖畔から約1.5KM離れた「Et-Tel」と呼ばれているこの場所は、福音書に登場するベツサイダの廃墟である。当時はガリラヤ湖畔に面した村で、ヘブライ語で「漁の家」という意味の「ベツサイダ」という村の名前からもわかる様に、漁業で栄えていた。 …

『ローマびとへの手紙』(16)律法なしで生きる者も、律法のもとで生きる者も、

ローマ2:12-16 12 そのわけは、律法なしに罪を犯した者は、また律法なしに滅び、律法のもとで罪を犯した者は、律法によってさばかれる。 13 なぜなら、律法を聞く者が、神の前に義なるものではなく、律法を行う者が、義とされるからである。 14 すな…

万人救済の福音の検証(6)「すでに救われている」?

過去に万人救済論の検証に関する記事(1)~(5)を書いたが、改めて異なる観点を共有したいと思う。 この観点は、万人救済論を説く人々の間では勿論だが、おそらく現代の一般的福音宣教の中でもあまり聞くことがない内容かもしれない。それでも、聖書の中…

『ローマびとへの手紙』(5)信仰の従順

ローマ1:5(新改訳) このキリストによって、私たちは恵みと使徒の務めを受けました。それは、御名のためにあらゆる国の人々の中に信仰の従順をもたらすためなのです。 ここにはパウロと彼の同労者が、「キリストによって」、「使徒の務め」を受けたこと…

「涙をもって種を撒く」イエス・キリスト

西暦6年にユダヤ・サマリア・イドマヤの地方がローマ帝国の属州となってから、第一次ユダヤ戦争の結果、西暦70年にエルサレムが神殿と共に破壊され尽くすまでの期間は、ユダヤ人の民族意識にとっては異邦人による被支配という非常に屈辱的な時期であった…

ジミー・カーター氏の発言と聖書の啓示

Jimmy Carter Says Jesus Would Approve Of Gay ... たとい「新生したクリスチャン」と自認し、バプティスト教会において「日曜学校の教師」している、アメリカ合衆国の元大統領であり、ノーベル平和賞受賞者が、「イエスは同性愛者の結婚を認めると思う」と…

反キリストの出現とキリストの主権

Ⅱテサロニケ2:1-5 1 さて兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの来臨と、わたしたちがみもとに集められることとについて、あなたがたにお願いすることがある。 2 霊により、あるいは言葉により、あるいはわたしたちから出たという手紙によって、…

現代の教会は何を求め、何を提供しているか。

西側で犠牲にされる貞節 アメリカ・ニューヨークで活動するある女性活動家は、次のように述べています。「私たちの社会では、女性は毎日、男性から認められる為に表面的な魅力に縛られざるを得なくなっている。私たちは、自由という名前のごみ箱を設け、女性…

キリストの十字架の力

ガラテヤ2:19,20 19 わたしは、神に生きるために、律法によって律法に死んだ。わたしはキリストと共に十字架につけられた。 20 生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。しかし、わたしがいま肉…

それを行うなら(1)

1 過越の祭の前に、イエスは、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時がきたことを知り、世にいる自分の者たちを愛して、彼らを最後まで愛し通された。 2 夕食のとき、悪魔はすでにシモンの子イスカリオテのユダの心に、イエスを裏切ろうとする思いを入…

御子の復活か、ダイナマイトか

ローマ1:16 わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。 D.A. Carson著『Exegetical Fallacies』の伊訳を読んでいるが、非常に興味深い内容である。特に上述の聖句の解釈におけ…

『羊を養うべきか、それともヤギを楽しませるべきか。』

スポルジョンが牧会していたロンドン・メトロポリタン・タベルナクルの牧師を1908年から1911年まで務めたブラウン牧師の説教である。本来ならば原文である英語から翻訳すべきだったが、原文を見つけることができなかったので、イタリア語からの重訳…

世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(5)追記

ルーテル教会 - Wikipediaより抜粋引用 ルター派世界連盟とカトリック教会は1999年10月31日に「義認の教理に関する共同宣言(Joint Declaration on the Doctrine of Justification)」に調印し、カトリック教会も信仰によって福音を理解することを公式に宣言し…

世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(4)まとめ

世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(1) - an east window 世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(2) - an east window 世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(3) - an east window 新約聖書が啓示している信仰義認の教…

世界福音同盟の代表団が教皇フランシスコと会合(3)

1999年10月31日、ローマ・カトリック教会とルーテル世界連盟との間で、『義認の教理に関する共同宣言』がドイツのアウグスブルグで調印された。この10月31日という日付は、1517年に宗教改革者マルティン・ルターが、ラテン語で書かれた『九…