an east window

夜明けとなって、明けの明星が心の中に上るまで

弱さのうちに顕れるキリストのいのち

洞穴の外で

Ⅰ列王19:1-18 1 アハブはエリヤのしたすべての事、また彼がすべての預言者を刀で殺したことをイゼベルに告げたので、 2 イゼベルは使者をエリヤにつかわして言った、「もしわたしが、あすの今ごろ、あなたの命をあの人々のひとりの命のようにしていな…

二重の奇蹟

ヨハネ9:1-7;35-38 1 イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。 2 弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」。 3 イエスは…

「産みの苦しみ」における聖霊の助け

ローマ8:18-27 18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。 19 被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいる。 20 なぜなら、被造物が虚無に服したのは、自分の…

ヨセフが父ヤコブのために遣わした車

創世記45:17-28 17 パロはヨセフに言った、「兄弟たちに言いなさい、『あなたがたは、こうしなさい。獣に荷を負わせてカナンの地へ行き、 18 父と家族とを連れてわたしのもとへきなさい。わたしはあなたがたに、エジプトの地の良い物を与えます。あ…

病の中に顕れたキリストのいのち

月初めからの無理がたたって体調を崩してしまい、先週木曜日の夕方の祈祷会の後からほぼ一週間寝込んでしまった。体中にボローニャの赤レンガを巻きつけたような状態で、寝返り打つのも辛い状態だったが、昨日から回復しはじめ、やっとPCによる仕事ができる…

自分自身の重荷を負い、互いに重荷を負い合う

ガラテヤ6:1-10 1 兄弟たちよ。もしもある人が罪過に陥っていることがわかったなら、霊の人であるあなたがたは、柔和な心をもって、その人を正しなさい。それと同時に、もしか自分自身も誘惑に陥ることがありはしないかと、反省しなさい。 2 互に重荷…

隠れている「私」への呼びかけ

ヨハネ11:43,44 43 こう言いながら、大声で「ラザロよ、出てきなさい」と呼ばわれた。 44 すると、死人は手足を布でまかれ、顔も顔おおいで包まれたまま、出てきた。イエスは人々に言われた、「彼をほどいてやって、帰らせなさい」。 ヨハネ20:1…

弱さのうちに顕れるキリストの力

Ⅱコリント12:1-10 1 わたしは誇らざるを得ないので、無益ではあろうが、主のまぼろしと啓示とについて語ろう。 2 わたしはキリストにあるひとりの人を知っている。この人は十四年前に第三の天にまで引き上げられた――それが、からだのままであったか、…

ペニエルにおける奇妙な格闘

創世記32:21-32 21 こうして贈り物は彼に先立って渡り、彼はその夜、宿営にやどった。 22 彼はその夜起きて、ふたりの妻とふたりのつかえめと十一人の子どもとを連れてヤボクの渡しをわたった。 23 すなわち彼らを導いて川を渡らせ、また彼の持ち物…

真のやもめ

Ⅰテモテ5:3-16 3 やもめについては、真にたよりのないやもめたちを、よくしてあげなさい。 4 やもめに子か孫かがある場合には、これらの者に、まず自分の家で孝養をつくし、親の恩に報いることを学ばせるべきである。それが、神のみこころにかなうこと…

一人悲しんでいる兄弟姉妹へ(2)

ヨハネ20:16-18 16 イエスは彼女に「マリヤよ」と言われた。マリヤはふり返って、イエスにむかってヘブル語で「ラボニ」と言った。それは、先生という意味である。 17 イエスは彼女に言われた、「わたしにさわってはいけない。わたしは、まだ父のみも…

ゴミ捨て場のオーケストラ

Landfill Harmonic Amazing and Inspirational - YouTube Bach - Cello Suite No.1 i-Prelude - YouTube ミシャ・マイスキーの壮厳な演奏は何度聴いても感動するが、この「ゴミ捨て場のオーケストラ」のチェロ演奏は、全く違った意味で、魂の琴線に触れる。…

弱い時こそ、強い

最近ルーマニア人の兄弟から、以前私が訪問して交わりの時を持ったことがある一人の牧師の現況を聞いた。十年以上前に訪問した時は、いくつもの教会の牧師を兼任し、一日に二か所以上の教会の礼拝を毎日していた。ヤコブの手紙の御言葉通り、病気で自宅から…

キリストの体(1)

Ⅰコリント12:12-27 12 からだが一つであっても肢体は多くあり、また、からだのすべての肢体が多くあっても、からだは一つであるように、キリストの場合も同様である。 13 なぜなら、わたしたちは皆、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つの…

言語を超えたイエス・キリストとの霊的交わり(2)

N姉の証し シチリア島出身のこの女性は、四十歳のときに脳梗塞で入院した。幸い命に別状はなかったが、病院に駆け付けた夫や二人の子供たちのことを認識できず、自分の名前さえも思い出せない状態であった。 彼女は、病気で倒れる少し前から教会に通い始めて…

弱さのうちに顕れるキリストのいのち(5)折り曲げられた背中

ルカ13:10-17 安息日に、ある会堂で教えておられると、そこに十八年間も病気の霊につかれ、かがんだままで、からだを伸ばすことの全くできない女がいた。イエスはこの女を見て、呼びよせ、「女よ、あなたの病気はなおった」と言って、手をその上に置かれた…

弱さのうちに顕れるキリストのいのち(4)シメオン

ルカ2:28-30 すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。 「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。私の目があなたの御救いを見たからです。」 何と麗しい情景だろうか。何と意味…

弱さのうちに顕れるキリストのいのち(3)老い

ルカ2:25-38 乳児であったイエスが両親に抱えられてエルサレムの宮に初めて入った時、主なる神は二人の非常に高齢な男女の老人たち、シメオンとハンナを証し人として選ばれた。ハンナは八十四歳の預言者であった(37節)。シメオンの年齢は書かれては…

弱さのうちに顕れるキリストのいのち(2)マグダラのマリヤ

ヨハネ20:11-17 しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、白い衣を着たふたりの御使が、イエスの死体のおかれていた場所に、ひとりは頭の方に、ひとりは足の方に、すわっているのを見た。すると…

弱さのうちに顕れるキリストのいのち(1)封印された墓

ヨハネ19:38-42 そののち、ユダヤ人をはばかって、ひそかにイエスの弟子となったアリマタヤのヨセフという人が、イエスの死体を取りおろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトはそれを許したので、彼はイエスの死体を取りおろしに行った。また、前に、…